動画を撮るということ

最近、自分の演技を動画で撮影してみて気づくことがよくあります。細かい動きなど、自分で鏡などに向かって黙々と練習していると気つかない部分がよく見えてきます。一番上達する方法は、人前で演じて反応を見たり、自分より上手な人にアドバイスを受けたりといったことがあります。しかし、常にそんな機会があるのはプロをはじめとする方々ばかりでしょう。そしてプロの方でも自分の思うような演技ができない人は自分の演技を撮影して、理想とするイメージと見比べてみるのもありなのではないかと思います。

例えば、スピードで実際見ている方からするとかなり演技が早い場合があります。

テンポを遅めにして余裕たっぷりに演じる方が上手に見えます。ただし音楽に合わせてテンポ良く演じるのも綺麗に見えるのでそれは練習でしょう。演技自体のテンポやタイミングは動画をとって見直すことで磨かれる気がしますが、喋りだけは人前に出て練習しないと上達しない気がします。

定期的に自分の演技を見直す意味も込めて動画を撮影して見るのはいかがでしょうか。

さて今回は同じ演技でテンポをノーマル、ハイ、スローにした3作品です。BGMだけ変えてあります。それではご覧ください。

①ノーマルテンポ

②スローテンポ

③ハイテンポ


とある奇術師のホームページ

ペンネーム:桜新一 マジシャンです。多くの人にマジックの楽しさを伝えていきたいのでweb上で活動中です。 マジックに関することについて書いていきます。 【お仕事依頼】 shinichisakura7@gmail.com ブログ:http://magictrick.hatenablog.com/ note: https://note.mu/magicstar